婚約指輪を選ぶときの注意点

結納に限らず婚約をする時には絶対欲しいものが婚約指輪ではないでしょうか。以前は婚約指輪の相場は給料の1ケ月分から2ケ月分といわれていましたね。婚約指輪の相場としては37万円前後が多いようです。

婚約指輪を大切にしたいという気持ちの女性が多くなっているのは事実のようですね。この婚約指輪を大切にする女性の気持ちを考えてみました。

まずは、婚約が決まったことを自分で確認したいという気持ちがありますよね。次には婚約が決まったことをそれとなく多くの人に知ってもらいたいという気持ちの高ぶりもあるでしょうね。

人生を考えてみて、婚約が決まって結婚式まではそれなりに忙しいでしょうが、同時に楽しい時期でもありますよね。そんなときに婚約指輪を眺めたり、婚約指輪に触れてみたりして喜びを確認したいという女心は十二分に理解できます。

婚約指輪の次に贈る結婚指輪がありますが、結婚指輪って意外と地味な存在ともいえるのではないでしょうか。もちろん結婚するパップルによっては結婚指輪も派手な場合もあるでしょうが、一般的には結婚指輪よりも婚約指輪の方が派手な場合が多いと思いますね。

一番喜ばれる婚約指輪はダイヤモンドではないでしょうか。一生に一回だけの婚約指輪ですからあまりケチらずに婚約者が一番喜んでもらえる婚約指輪にしてあげて欲しいものです。

ダイヤモンドの婚約指輪にしておくと、いつまでたっても色あせることなく輝いてくれるという魅力がありますよね。0.4ctから3ct程度であれば決して高くはないと思いますよ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。